花粉症には何が効く?アレグラ錠60やザイザル

アレグラ錠60mgと風邪薬は併用してもいい?

アレグラは花粉症に伴う鼻水や目のかゆみ、じんましんなどの治療に用いられる薬です。 アレグラは抗ヒスタミン剤に分類される薬で体内でヒスタミンの働きを抑制することで効果を発揮します。 このアレグラを服用中に風邪を引いてしまい風邪薬を服用したい時にアレグラと併用しても問題は起こらないか、ここでは紹介します。まず、アレグラの有効成分であるフェキソフェナジンは抗ヒスタミン剤に分類される薬ですが、総合感冒薬の中にも抗ヒスタミン剤が配合されていることがしばしばあります。 PL配合顆粒などの医療用の総合感冒薬にも抗ヒスタミン剤が配合されていますし、市販の総合感冒薬にもよく抗ヒスタミン剤は配合されています。つまり、アレグラと総合感冒薬とを併用するとヒスタミンの作用を抑制する薬が重複してしまうのです。 両者の併用によって具体的に健康被害が起こりやすいかと言えばそこまで問題になることはあまりありません。 実際に、医療現場では抗ヒスタミン剤が二種類以上併用されることもあります。 ただ、風邪でアレグラと総合感冒薬の両者を併用する必要はありません。もし両者を併用したいのであれば、医師や薬剤師と相談した上で併用を検討するといいでしょう。 例えば成人がアレグラ錠60mgを服用して総合感冒薬も併用しようとする場合には、アレグラ錠60mgでは抗ヒスタミン作用が強すぎるため、半分の量のアレグラ錠30mgを服用するように指示がある可能性があります。また、医療機関で風邪の際に処方される可能性があるエリスロマイシン(エリスロシン)という抗生物質はアレグラと飲み合わせに問題がある薬です。 エリスロマイシンとアレグラとを併用するとエリスロマイシンが体内に貯留しやすくなり、効果が増強し、下痢、胃の不快感などの有害事象が現れやすくなる可能性があります。 ですからアレグラを服用中に風邪でエリスロマイシンが処方された場合には医師、又は薬剤師に相談し、併用してもいいのかどうかの判断を仰いだ方がいいです。風邪と花粉症の見分け方風邪と花粉症は一見類似した体の状態になります。 風邪でも花粉症でも鼻水、痰、喉の違和感などが出現します。 また、風邪の場合と花粉症の場合とでは治療法が多少異なってきます。 ここからはどのようにして風邪と花粉症を見分けるのかどうかを紹介します。まず、鼻水、喉の違和感などの呼吸器系以外の体調変化の有無について注目します。 風邪の場合には、鼻や喉など呼吸器系の体調変化にとどまることが多いですが、花粉症の場合には、目のかゆみや充血といった結膜炎、皮膚のかゆみや湿疹、蕁麻疹といった皮膚炎が起こることもあります。 このように多様な体調変化が全身に現れる場合には花粉症の影響である可能性が高まります。また、体調変化の持続する期間や季節で風邪か花粉症かを見分ける方法も有効です。 風邪の場合には、原因となるウイルスや細菌が免疫機能や薬によって殺滅すれば鼻水や喉の違和感といった体調変化は消失し、元の健康な状態に戻ります。 しかし、花粉症の場合には、花粉が飛散している期間はその体調変化が持続することが多いです。 その体調変化が起こっている季節が春や秋など花粉の飛散量が増える季節であればなおさら花粉症が影響している可能性があります。 例えば、風邪薬を服用していても数週間鼻水や喉の違和感といった不調が持続する場合には花粉症が強く疑われます。さらに天候によって体調変化がある場合は花粉症である可能性が高いです。 花粉は雨の日には飛散量が少なくなり、雨上がりの天気が回復した日には飛散量が多くなります。 花粉症の場合はこの花粉の飛散量に応じて体調が変化しやすいのです。 もし雨の日に体調がよくなり、雨上がりに体調が悪化する場合には花粉症を疑ってみましょう。

もっと読む »

アレグラ錠60mgを子供が飲んだときの効果と副作用

春は花見のシーズン。 自然の中で遊ぶのが楽しい季節です。 しかし、花粉症の人たちにとっては、一年で一番鬱陶しい季節かもしれません。 花粉の季節が到来すると、花粉症の人たちは、マスクをかけてみたりゴーグルを着用したりして対応してみますが、好天の日などは春風に乗って大量の花粉が舞って、せっかくの対策も追いつかなくさせてしまうのです。 花粉症の人たちにとって、この季節が楽しくなるかは良い薬に出会えるかにかかっているかもしれません。 ただ、花粉症対策の決定打となる薬があるということは、あまり耳に入ってきません。 そんな中、最近アレグラという薬が話題になっています。この薬は市販されているので手軽に手に入り、副作用の報告などもあまりないので注目されているのです。 花粉症は花粉を吸うことで目のかゆみやくしゃみ、湿疹などが出るので、花粉症薬というのは、これを緩和していくのが目的となります。 今花粉症薬として注目を集めているアレグラは、花粉症に対する専用の薬というわけではありません。 鼻炎、あるいはじんましん、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に対する効能もあります。 花粉症は、ヒスタミンという化学伝達物質が神経受容体と結合し、そのときの刺激がもとで起きるものです。 その結合を防ぐのにこのアレグラが効力を発揮するというわけで、ブロック効果といえます。ほかにも、化学伝達物質の遊離を抑制する働きもあるとされています。 花粉症薬のアレグロは、一般に抗ヒスタミン薬と呼ばれている薬です。 その特徴となっているのは、眠気や口の渇きなどといった副作用がほとんどないということです。 そのため、車の運転についても制限が設けられていません。 ただし、軽度のめまい、だるさ、吐き気、発疹といったところはわずかに報告されています。 そして、注意事項として、長期にわたって服用するときは、定期的に肝機能検査を受けたほうがいいとされています。速効性があるのも特徴の一つで、薬を服用するとまもなく効きはじめ、その効力は比較的長く続きます。 アレグロの効力は、とくに鼻水やくしゃみといった鼻炎性のものに発揮されます。 また、時には皮膚疾患についてもかゆみ止めとして処方されたりします。子どものアレグラの服用方法アレグラには30~60ミリグラムの錠剤が作られており、その成分はフェキソフェナジン塩酸塩というものです。 通常は60ミリグラムのアレグラ錠60を一日二回服用しますが、服用するのが子供の場合は年齢などによって服用方法が異なってくるので、注意しなければなりません。 7~12歳未満のいわゆる小児の場合は、30ミリグラムのアレグラ錠30を一日に二回服用することになっています。 しかし、12歳以上の子供の場合は、アレグラ錠60を一日二回服用するようにとされているのです。 くれぐれも薬の服用の際は、用法用量を守るようにしなければなりません。アレグロには錠剤のほかにも、ドライシロップのものなどもあります。 ドライシロップにも同じように成分としてフェキソフェナジン塩酸塩が入っており、子供にはこちらのほうが服用しやすいかもしれません。 通常は6%タイプのものを1回につき1グラムを目安に一日二回服用するようにします。 こちらも、7~12歳未満の小児の場合は、ドライシロップを0.5グラム、一日二回服用します。 アレグラ錠60と同じように、こちらも12歳以上の子供は、ドライシロップを1グラム、一日二回服用するようにとされています。花粉症対策としてアレグラを用いるときは、実際に花粉が飛ぶ時期の前から服用するようにすると効果的です。 重い副作用はほぼないとはされていますが、服用の際は決められた用法用量をきちんと守らなければなりません。 アレグロは、薬品開発に際して、臨床試験も行われています。 試験は、薬の服用後に感じた体のいろいろな変化について0~4点の5段階評価を自分で下してもらい、データを集めて比較するという方法で行われました。 試験の結果、アレグラの服用で、1点の減少がみられました。

もっと読む »

アレグラ錠60mgを大人が飲んだときの効果と副作用

アレグラ錠は抗ヒスタミン薬の一つでアメリカの製薬会社が開発したものです。 アレグラ錠を服用することで得られる効果としては、鼻炎などの緩和です。 いくつもある抗ヒスタミン薬の中には、服用後眠気を催すものもありますが、アレグラ錠はその眠気を催すという副作用がほとんど見られないことから、服用後に車の運転などを行なう必要があるという人も安心して服用することが出来ます。アレグラ錠にはアレグラ錠30とアレグラ錠60があり、大人の場合にはアレグラ錠60を1回1錠で1日2回服用するのが一般的です。 服用方法としては、朝夕の2回、食前・食後、就寝前など服用するタイミングは基本的にはいつでも構いませんが、食後の服用では若干効果が落ちるとされているため、食前もしくは食間の服用が適していると言われています。医薬品には、大なり小なり、副作用が生じるものですが、アレグラ錠は比較的副作用の少ない薬として知られています。 アレグラ錠はそれまで使用されていたテルフェナジンに代わる薬として開発されたものですが、テルフェナジンに見られていた心臓に悪影響を及ぼすという副作用はありませんし、眠気や口の渇きなどの副作用が生じることも少ないようです。体質や服用時の体調などにもよりますが、まれに頭痛や眠気、吐き気などを訴えるケースがあるとの報告があります。 なお、妊娠中の服用については、服用したことにより胎児に何らかの影響があったという報告はないため、服用しても大きな問題はないとされていますし、妊娠している女性に対しても妊娠中期以降であれば処方をする医師もいます。しかし、治験時に妊娠している人を対象とした調査を行っているわけではないため、影響が皆無であるとは言い切れませんし、妊娠中は出来るだけ薬の服用を控えたいと考える人もいるでしょう。 もし、不安に感じるようなことがあれば、医師に相談をした上で、他の対策をこうじたほうが良いでしょう。アレグラは花粉症予防にもなるのか日本人の国民病とも言われるほど、多くの人が悩まされているのが花粉症です。 大人になってから発症したという人もおり、誰でも発症する可能性があります。 花粉症の人にみられることとしては、目や鼻、喉の粘膜の痒み、くしゃみ、鼻水などが挙げられます。 アレグラ錠はヒスタミンH1拮抗薬として、鼻炎や皮膚のかゆみを緩和させる効果を期待することが出来るため、花粉症の予防・改善効果を期待することが出来ます。花粉症の予防を目的としてアレグラ錠を服用するという場合には、アレルゲンが体内に侵入してしまう前が適しています。 アレルゲンとなる植物などが既に分かっている場合には、その植物の花粉が飛ぶ2週間前から服用を開始するようにしましょう。花粉が飛び始める前に服用を開始することで、花粉が本格的に飛散するようになった時の不快感を軽減させることが出来ます。 なお、花粉症と一口に言っても、その原因となる植物は一人ひとり異なります。 一つである場合もあれば、複数である場合もあります。花粉症の原因となる植物として多いのは、杉ですが、その他にもヒノキやブタクサ、イネ科の植物などで同じようなことが見られる場合もあります。 原因となる植物の花粉が飛散するピークに合わせて薬の服用を開始するようにしましょう。花粉症の原因となる植物については、医療機関で検査を受けることにより知ることが出来ます。 長期にわたって薬を服用するという場合には、薬を服用しそのようなことを抑えるということに加えて、アレルゲンが体内に侵入しないような対策をとることが大切になります。 アレルゲンとなる植物に近づかないようにしたり、外出時にはマスクやゴーグル、家庭内では空気清浄機などを使用することをおすすめします。

もっと読む »

アレグラ錠60mgの成分と主な作用について

アレグラ錠は、鼻炎や、花粉症、じんましん、皮膚疾患(しっしん・アトピー性皮膚炎)などの、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を、抑えることができます。 アレグラ錠の主成分は、フェキソフェナジン塩酸塩という物質で、この成分がヒスタミン受容体をブロックすることで、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を、抑えることができます。 ヒスタミンは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を引き起こす原因となる物質の名前です。 ヒスタミンの通り道である、ヒスタミン受容体の入り口をブロックすることで、ヒスタミンが体に回るのを止めることができます。 その作用によって、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を、緩和することができます。 この作用をする薬を、抗ヒスタミン薬といい、アレグラ錠を始めとして、さまざまな薬が作られています。抗ヒスタミン薬には、第一世代と第二世代がありますが、アレグラは第二世代に分類される薬です。 第一世代に比べて、第二世代の抗ヒスタミン薬は、脳に作用しにくく、ヒスタミンにのみ作用するので、眠気などが出にくい性質です。 第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも、アレグラは、効果がしっかりとあるけれど眠気も出にくく、使いやすく安全な薬として、医師にも認識されていて、非常によく処方される薬となっています。 アレグラは、主に、抗ヒスタミン作用によって、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を抑えますが、抗ヒスタミン作用の他にも、抗ロイコトリエン作用や、抗ECP作用、抗炎症性サイトカインなど、さまざまな作用を持っています。ヒスタミンと同じように、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を引き起こす物質である、ロイコトリエン、ECP、炎症性サイトカインという物質のはたらきを抑える、という意味です。 アレグラには、アレグラ錠30mg、アレグラ錠60mg、アレグラOD錠60mg、アレグラドライシロップ5%の、4種類があります。 その中で一番よく使われるのが、アレグラ錠60mgです。併用禁忌はあるかアレグラ錠との併用禁忌の薬、飲み合わせを注意すべき薬は、たくさんあります。 基本的に、薬の併用禁忌、つまり薬の飲み合わせを注意すべき理由は、同じような作用をもつ薬剤を飲むことにより作用が重複してしまうこと、または、一方の薬によってもう一方の薬の作用に変化が出てしまうこと、です。 アレグラの場合は、抗ヒスタミン作用がある他の薬を自己判断で増やして飲むことには注意が必要です。 抗ヒスタミン作用を強めたいときに、例えばアレグラ錠を2錠出すのではなくて、他の薬を1錠増やす場合もあるので、抗ヒスタミン作用を強めるために医師が他の薬を増やすと判断した場合は、問題ありません。 抗ヒスタミン作用が含まれる薬剤は、花粉症や鼻炎薬だけではなく、皮膚疾患用の飲み薬や、かぜ薬にも含まれています。 病院で処方される、発熱、疼痛、鼻炎、咳などに効く成分が複数配合されている総合感冒薬や、市販のかぜ薬の多くには、抗ヒスタミン作用をする成分が入っていますので、効力が強くなりすぎてしまいます。また、同時に飲むことでアレグラの効き目を弱くしてしまう薬剤が含まれている薬もたくさんあります。 市販の頭痛薬、痛み止め、胃薬、エリスロマイシンという薬にはアレグラの効き目を弱くしてしまう薬剤が含まれていることが多いです。 水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム、酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイトが、アレグラの主成分であるフェキソフェナジンを吸着することで、フェキソフェナジンの体内への吸収量を減少させてしまいます。 市販の頭痛薬で、アレグラの作用を弱くする薬剤が含まれていないものもあるので、それらを飲むようにすると良いです。

もっと読む »