花粉症には何が効く?アレグラ錠60やザイザル

アレグラ錠60mgの成分と主な作用について

アレグラ錠は、鼻炎や、花粉症、じんましん、皮膚疾患(しっしん・アトピー性皮膚炎)などの、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を、抑えることができます。
アレグラ錠の主成分は、フェキソフェナジン塩酸塩という物質で、この成分がヒスタミン受容体をブロックすることで、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を、抑えることができます。
ヒスタミンは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を引き起こす原因となる物質の名前です。
ヒスタミンの通り道である、ヒスタミン受容体の入り口をブロックすることで、ヒスタミンが体に回るのを止めることができます。
その作用によって、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を、緩和することができます。
この作用をする薬を、抗ヒスタミン薬といい、アレグラ錠を始めとして、さまざまな薬が作られています。

抗ヒスタミン薬には、第一世代と第二世代がありますが、アレグラは第二世代に分類される薬です。
第一世代に比べて、第二世代の抗ヒスタミン薬は、脳に作用しにくく、ヒスタミンにのみ作用するので、眠気などが出にくい性質です。
第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも、アレグラは、効果がしっかりとあるけれど眠気も出にくく、使いやすく安全な薬として、医師にも認識されていて、非常によく処方される薬となっています。
アレグラは、主に、抗ヒスタミン作用によって、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を抑えますが、抗ヒスタミン作用の他にも、抗ロイコトリエン作用や、抗ECP作用、抗炎症性サイトカインなど、さまざまな作用を持っています。

ヒスタミンと同じように、体の免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こる反応を引き起こす物質である、ロイコトリエン、ECP、炎症性サイトカインという物質のはたらきを抑える、という意味です。
アレグラには、アレグラ錠30mg、アレグラ錠60mg、アレグラOD錠60mg、アレグラドライシロップ5%の、4種類があります。
その中で一番よく使われるのが、アレグラ錠60mgです。

併用禁忌はあるか

アレグラ錠との併用禁忌の薬、飲み合わせを注意すべき薬は、たくさんあります。
基本的に、薬の併用禁忌、つまり薬の飲み合わせを注意すべき理由は、同じような作用をもつ薬剤を飲むことにより作用が重複してしまうこと、または、一方の薬によってもう一方の薬の作用に変化が出てしまうこと、です。
アレグラの場合は、抗ヒスタミン作用がある他の薬を自己判断で増やして飲むことには注意が必要です。
抗ヒスタミン作用を強めたいときに、例えばアレグラ錠を2錠出すのではなくて、他の薬を1錠増やす場合もあるので、抗ヒスタミン作用を強めるために医師が他の薬を増やすと判断した場合は、問題ありません。
抗ヒスタミン作用が含まれる薬剤は、花粉症や鼻炎薬だけではなく、皮膚疾患用の飲み薬や、かぜ薬にも含まれています。
病院で処方される、発熱、疼痛、鼻炎、咳などに効く成分が複数配合されている総合感冒薬や、市販のかぜ薬の多くには、抗ヒスタミン作用をする成分が入っていますので、効力が強くなりすぎてしまいます。

また、同時に飲むことでアレグラの効き目を弱くしてしまう薬剤が含まれている薬もたくさんあります。
市販の頭痛薬、痛み止め、胃薬、エリスロマイシンという薬にはアレグラの効き目を弱くしてしまう薬剤が含まれていることが多いです。
水酸化アルミニウムや水酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム、酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイトが、アレグラの主成分であるフェキソフェナジンを吸着することで、フェキソフェナジンの体内への吸収量を減少させてしまいます。
市販の頭痛薬で、アレグラの作用を弱くする薬剤が含まれていないものもあるので、それらを飲むようにすると良いです。

アレグラ錠60mgを子供が飲んだときの効果と副作用

春は花見のシーズン。 自然の中で遊ぶのが楽しい季節です。 しかし、花粉症の人たちにとっては、一年で一番鬱陶しい季節かもしれません。 花粉の季節が到来すると、花粉症の人たちは、マスクをかけてみたりゴーグルを着用したりして対応してみますが、好天の日などは春風に乗って大量の花粉が舞って、せっかくの対策も追いつかなくさせてしまうのです。 花粉症の人たちにとって、この季節が楽しくなるかは良い薬に出会えるかにかかっているかもしれません。 ただ、花粉症対策の決定打となる薬があるということは、あまり耳に入ってきません。 そんな中、最近アレグラという薬が話題になっています。この薬は市販されているので手軽に手に入り、副作用の報告などもあまりないので注目されているのです。 花粉症は花粉を吸うことで目のかゆみやくしゃみがでます。また湿疹が出るので、薬で湿疹を治療して緩和するのが目的となります。 今花粉症薬として注目を集めているアレグラは、花粉症に対する専用の薬というわけではありません。 鼻炎、あるいはじんましん、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患に対する効能もあります。 花粉症は、ヒスタミンという化学伝達物質が神経受容体と結合し、そのときの刺激がもとで起きるものです。 その結合を防ぐのにこのアレグラが効力を発揮するというわけで、ブロック効果といえます。ほかにも、化学伝達物質の遊離を抑制する働きもあるとされています。 花粉症薬のアレグロは、一般に抗ヒスタミン薬と呼ばれている薬です。 その特徴となっているのは、眠気や口の渇きなどといった副作用がほとんどないということです。 そのため、車の運転についても制限が設けられていません。 ただし、軽度のめまい、だるさ、吐き気、発疹といったところはわずかに報告されています。 そして、注意事項として、長期にわたって服用するときは、定期的に肝機能検査を受けたほうがいいとされています。速効性があるのも特徴の一つで、薬を服用するとまもなく効きはじめ、その効力は比較的長く続きます。 アレグロの効力は、とくに鼻水やくしゃみといった鼻炎性のものに発揮されます。 また、時には皮膚疾患についてもかゆみ止めとして処方されたりします。子どものアレグラの服用方法アレグラには30~60ミリグラムの錠剤が作られており、その成分はフェキソフェナジン塩酸塩というものです。 通常は60ミリグラムのアレグラ錠60を一日二回服用しますが、服用するのが子供の場合は年齢などによって服用方法が異なってくるので、注意しなければなりません。 7~12歳未満のいわゆる小児の場合は、30ミリグラムのアレグラ錠30を一日に二回服用することになっています。 しかし、12歳以上の子供の場合は、アレグラ錠60を一日二回服用するようにとされているのです。 くれぐれも薬の服用の際は、用法用量を守るようにしなければなりません。アレグロには錠剤のほかにも、ドライシロップのものなどもあります。 ドライシロップにも同じように成分としてフェキソフェナジン塩酸塩が入っており、子供にはこちらのほうが服用しやすいかもしれません。 通常は6%タイプのものを1回につき1グラムを目安に一日二回服用するようにします。 こちらも、7~12歳未満の小児の場合は、ドライシロップを0.5グラム、一日二回服用します。 アレグラ錠60と同じように、こちらも12歳以上の子供は、ドライシロップを1グラム、一日二回服用するようにとされています。花粉症対策としてアレグラを用いるときは、実際に花粉が飛ぶ時期の前から服用するようにすると効果的です。 重い副作用はほぼないとはされていますが、服用の際は決められた用法用量をきちんと守らなければなりません。 アレグロは、薬品開発に際して、臨床試験も行われています。 試験は、薬の服用後に感じた体のいろいろな変化について0~4点の5段階評価を自分で下してもらい、データを集めて比較するという方法で行われました。 試験の結果、アレグラの服用で、1点の減少がみられました。

アレグラのジェネリックの値段

アレグラは花粉症等に効くお薬です。 特に春や秋に外に行くと鼻水くしゃみが止まらなくなるということはありませんか。 お医者さんで処方してもらうお薬ですが、ジェネリックという後発薬であっても効き目は同じです。ジェネリックは20社以上から出ていますが、すべて同じ名称となっています。 値段はアレグラに比べてジェネリックは半額以下となるため、特に問題がなければジェネリックにしてもらえばお薬代は減らすことができます。 なお、アレグラはお医者さんでの処方薬ですが、市販薬もあります。 しかし処方薬と、市販薬とでは何に効くかが違いますので注意が必要です。市販薬のアレグラは鼻水くしゃみという花粉症の鼻炎にだけ効果があります。 他の効果はありませんので、熱や皮膚炎などもある場合はお医者さんに行って診てもらいましょう。 悪くなった体調はそのままにしておくと危険なこともありますので、気を付けてください。 さきほど、ジェネリックにしても、問題がなければと申しましたが、患者さんの体調や、他に持っている疾患、普段から飲んでいる薬によってはジェネリックが使えない場合もあります。 折角ジェネリックにすれば薬の値段が抑えられるのにと、残念な気持ちにもなりますが、人それぞれ違う体ですので、お医者さんに相談はしなければなりません。 また、通販でもアレグラの取り扱いはありますが、アレグラという名称だけですぐに買ってしまうのではなく、詳しい説明も見て安全が確認できてからの購入にしましょう。 飲んでいても効かないという、偽物の場合もありますから、全く知らない薬品会社のものはやめておく方が賢明です。 折角値段が安くても、偽物を買ってしまうと、損になるばかりか、健康被害が出ても困りますので、気を付けてください。一番安心なのはお医者さんで処方してもらうことと、薬局で薬剤師さんに相談して購入することです。 自分の、他に飲んでいる薬があればそれも伝えましょう。 お薬手帳を持参すれば安心です。アレグラのジェネリックが効かない時考えられる理由アレグラのジェネリックが効かない時考えられる理由は、偽物である場合があります。 効かない場合は使用を取りやめてください。 調子が悪い時はお医者さんで診てもらうことをお勧めします。 また有名な会社のジェネリック製品でも、効いてこない場合は、その用途に理由があるのかもしれません。 アレグラは花粉症のお薬ですから、花粉症でなく、風邪によるくしゃみ鼻水であれば効きません。また、花粉症に効くからとじんましんなどにも効くかというとそうではありません。 鼻炎には効いても、皮膚炎には効かないということもあります。 改善がされないことで心配ならば、現在のお薬の服用は中止して、それを持参のうえ、お医者さんで相談してみてください。 その人に合ったものに変えてみてくれるはずです。体の衰弱などがあってなかなかジェネリックが効いてこない場合もあります。 体調が悪い時は無理をせず、仕事は控えめにし、消化の良いものを食べて体を休めてください。 お薬に頼るだけではなく自分自身で体を治していけるように、体をいたわってあげることも大切です。鼻炎時には鼻が痛くなりますから、柔らかくローションの入ったテイッシュを使うと、鼻の粘膜に優しいです。 また、鼻に殺菌力もある保湿クリームを塗ってあげましょう。 外に行くときはマスクをつけることを、お忘れなく。 そうやって体をいたわりつつ、ちゃんとしたジェネリック等を使用していれば治っていくでしょう。 季節的にいつも花粉症になるという方は早めにマスクを使い、洗濯物は室内干しにして、花粉を家の中に持ち込まないように気をつけましょう。 天気予報も注意深く聞いておきましょう。 自分で自分の身を守りつつ、節約できる部分は節約していきましょう。

アレグラ錠60mgの価格相場と入手方法

アレグラ錠60mgとはサノフィ社が開発した薬で、日本では花粉症の薬として知られていますが、鼻炎のほかに蕁麻疹や皮膚疾患などにも効果のある薬です。 日本では市販薬としてドラッグストアなどでアレグラFX、という商品が販売されており、病院で処方されるアレグラ錠60mgと同じ効果を得ることができます。 入手方法はそれぞれアレグラ錠60mgの場合は病院での処方、アレグラFXはドラッグストアや薬局での購入となりますが、入手する方法によって値段がどのように違うか比較してみましょう。まずはアレグラ60mg錠、病院での処方の場合です。 病院で診察を受ける必要があるため、診察料もかかります。 薬自体は薬価72円のものが28錠ですが、処方のための調剤基本料や処方箋料など細かな料金が加算されるため、目安としては大体28錠の処方で2100円程度と考えると、1日当たりの薬の料金が150円程度となります。 これは保険適用の場合です。 それでは続いて市販薬の場合です。アレグラFX錠の場合、価格は14錠で1419円、28錠で2037円となっており、これを1日当たりの価格に換算すると14錠入りで203円、28錠入りで145円という計算となります。 あまり差はありませんね。もう1つの入手方法として個人輸入という方法があります。 個人輸入の場合、サイトにもよりますが60錠入りで3480円という価格のものがあり、1日あたりの価格は116円となり比較してみると大分安くなりますね。 数が多いものは100錠、200錠と入っていますので多くなればなるほど安くなる傾向にあります。 アレグラには60mg以外に120mg、180mgのものも用意されているので目的にあったものを探しましょう。 また、アレグラにはジェネリック薬品が用意されており、アレグラの主成分であるフェキソフェナジン塩酸塩錠が多く配合されているのに安いものも用意されているので、そちらも確認してみると良いかもしれません。アレグラも売っている個人輸入サイトとは?アレグラそのもの、又はアレグラのジェネリック薬品も含め数多くの通販サイトで個人輸入ができるようになりました。 探す際には、検索サイトなどで「アレグラ 個人輸入」というキーワードを入力することで簡単にサイトを見つけることができるようになっています。アレグラに関しては日本の処方及び市販薬は60mgのものが最大錠となっていますが、個人輸入の場合は120mgや180mgといった量の多いものも販売しています。 もし、普段60mgを使用している場合は、少し量が多くなりますので、利用する際には飲む分量などを調整するのが良いと思われます。 120mgを購入したが60mgだけあればいい、という場合には半分に割って服用すると同じ効果となりますので、飲み方を工夫してみてください。また、個人輸入を行っているサイトは薬を扱う専門のサイトが多いため、アレグラ以外にも数多くの薬を取り扱っています。 商品の名前、主成分などサイトの中からでも検索が出来るようになっていますので、自分の探している薬の名前や成分の名前などが分かれば検索してみると目的のものが見つかると思います。 服用する薬以外にも美容液やダイエット用など美容や健康に特化したものを取り扱っている場合もありますので、興味のある方は調べてみてもいいかもしれません。また、サイトもいくつかありますので、多少ではありますがサイトごとに値段の差もあります。 そのため、いくつか回ってみて値段を比較して決めるのもいいかと思います。 購入する際には取り扱いや薬の注意点などが必ずサイトに書き込まれていますので、注意事項には必ず目を通すようにしてください。 また、個人輸入について気になる場合はネットで個人輸入の法律についての情報もありますので、併せて一読されることをオススメします。

アレグラ錠60mgを大人が飲んだときの効果と副作用

アレグラ錠は抗ヒスタミン薬の一つでアメリカの製薬会社が開発したものです。 アレグラ錠を服用することで得られる効果としては、鼻炎などの緩和です。 いくつもある抗ヒスタミン薬の中には、服用後眠気を催すものもありますが、アレグラ錠はその眠気を催すという副作用がほとんど見られないことから、服用後に車の運転などを行なう必要があるという人も安心して服用することが出来ます。アレグラ錠にはアレグラ錠30とアレグラ錠60があり、大人の場合にはアレグラ錠60を1回1錠で1日2回服用するのが一般的です。 服用方法としては、朝夕の2回、食前・食後、就寝前など服用するタイミングは基本的にはいつでも構いませんが、食後の服用では若干効果が落ちるとされているため、食前もしくは食間の服用が適していると言われています。医薬品には、大なり小なり、副作用が生じるものですが、アレグラ錠は比較的副作用の少ない薬として知られています。 アレグラ錠はそれまで使用されていたテルフェナジンに代わる薬として開発されたものですが、テルフェナジンに見られていた心臓に悪影響を及ぼすという副作用はありませんし、眠気や口の渇きなどの副作用が生じることも少ないようです。体質や服用時の体調などにもよりますが、まれに頭痛や眠気、吐き気などを訴えるケースがあるとの報告があります。 なお、妊娠中の服用については、服用したことにより胎児に何らかの影響があったという報告はないため、服用しても大きな問題はないとされていますし、妊娠している女性に対しても妊娠中期以降であれば処方をする医師もいます。しかし、治験時に妊娠している人を対象とした調査を行っているわけではないため、影響が皆無であるとは言い切れませんし、妊娠中は出来るだけ薬の服用を控えたいと考える人もいるでしょう。 もし、不安に感じるようなことがあれば、医師に相談をした上で、他の対策をこうじたほうが良いでしょう。アレグラは花粉症予防にもなるのか日本人の国民病とも言われるほど、多くの人が悩まされているのが花粉症です。 大人になってから発症したという人もおり、誰でも発症する可能性があります。 花粉症の人にみられることとしては、目や鼻、喉の粘膜の痒み、くしゃみ、鼻水などが挙げられます。 アレグラ錠はヒスタミンH1拮抗薬として、鼻炎や皮膚のかゆみを緩和させる効果を期待することが出来るため、花粉症の予防・改善効果を期待することが出来ます。花粉症の予防を目的としてアレグラ錠を服用するという場合には、アレルゲンが体内に侵入してしまう前が適しています。 アレルゲンとなる植物などが既に分かっている場合には、その植物の花粉が飛ぶ2週間前から服用を開始するようにしましょう。花粉が飛び始める前に服用を開始することで、花粉が本格的に飛散するようになった時の不快感を軽減させることが出来ます。 なお、花粉症と一口に言っても、その原因となる植物は一人ひとり異なります。 一つである場合もあれば、複数である場合もあります。花粉症の原因となる植物として多いのは、杉ですが、その他にもヒノキやブタクサ、イネ科の植物などで同じようなことが見られる場合もあります。 原因となる植物の花粉が飛散するピークに合わせて薬の服用を開始するようにしましょう。花粉症の原因となる植物については、医療機関で検査を受けることにより知ることが出来ます。 長期にわたって薬を服用するという場合には、薬を服用しそのようなことを抑えるということに加えて、アレルゲンが体内に侵入しないような対策をとることが大切になります。 アレルゲンとなる植物に近づかないようにしたり、外出時にはマスクやゴーグル、家庭内では空気清浄機などを使用することをおすすめします。